忍者ブログ

D508

無題

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

無題

ある女性が青年と知り合いになった。青年は女性と結婚したがっていた。しかし、女性はふさぎ込むようになり、奇怪な行動をするようになった。ある日、女性は自分の歯に問題があると考え、全ての歯を抜き、入れ歯にした。次の晩、彼女は発作を起こし、「歯を抜くべきではなかった。大きな罪を冒した」続とうめき、同じ言葉を繰り返し、入院した。ある精神科医は「先天的な変質者で発症した」と説明したが、彼女は数年前に情事で私生児を生み、愛人に捨てられていたことが分かった。女性は子供田舎で養育し隠していたが、フィアンセが現れてジレンマに陥り奇行が始まったのだった(C・G・ユング)
<論説>カルヴァンとヒトラー : シュテファン・ツヴァイク『カルヴァンに抗するカステリョ、あるいは権力に抗する良心』におけるカルヴァン像とヒトラー像の同一性について
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/185715

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
山吹著亀
性別:
非公開

P R