忍者ブログ

D508

「罪を償わせる」と有志連合後方支援不参加、首相の支離滅裂な言行不一致

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「罪を償わせる」と有志連合後方支援不参加、首相の支離滅裂な言行不一致

ああいう危険な地域には近寄らないことが、一番重要なことなら 政治的軍事的にもなるべくコミットしないのも重要なことだろう。 テロリストに罪を償わせるといえば、あの地域にこれまで以上に関与するという意味にしか取れない。
空爆を繰り返している英米人は、即座に処刑されているんだろうが スペイン人、フランス人は半年間拘束されたのち釈放 半年といえば湯川さんがそうじゃないか。 これを見れば、問答無用で虐殺しているわけでもないようだが。
英米人以外は何らかの理由で釈放されているのに イラク戦争での関与の度合いが、スペインやフランスより低い 日本人が処刑されたのは、明らかに不条理だ
GさんもYさんも死ぬことによってAにとって政治的に利用価値のあるものとなった。 死ななければ、何の価値もなかった。 Aの言動を見ていると、こういう本音が見え透いて反吐が出るぜ
罪を償わせるといって、有志連合の後方支援は否定って まったく言動が一致してない 要するに言葉だけ、呆れてものが言えない。 これじゃあ現地にいる邦人の危険が高まるだけやないか
有志連合の後方支援に参加もしてないのに 邦人の危険が、参加している国の人間より高くなるって どう考えてもやられ損になるだけだろう ばからしい
できることは、あの地域には近寄らないことくらいだろう 有志連合の後方支援に参加するわけでもないのに 「罪を償わせる」といったら、あほなこと言って 現地にいる邦人を危険にさらすだけ。ほんとわけがわからんわ
英米人以外が、拘束されてから半年後、14人も釈放されているのを見ると 後藤さんも湯川さんも十分釈放される可能性があった。 イスラム国も無差別に処刑しているわけではないことは、これからも明らか
湯川さんを拘束したのが、ISILだとわかったのは今年になってから(岸田外相)
有志連合の後方支援に参加しないことは テロのリスクは低くなるので、いいことだと思うが 一方で「罪を償わせる」といったら、それが台無しやないか

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
山吹著亀
性別:
非公開

P R